Rice and Population in Asia: Japan's rice <アジアにおける稲作と人口: 日本の稲作 (1883-1954)

47% completed

This application will help a UCL research project on The Impact of Evolving Rice Systems from China to Southeast Asia to develop a better understanding of the relationship between rice cultivation, climate and human population. この申請プロジェクトは、UCLの研究プロジェクト「中国から東南アジアにかけての稲作のインパクト」を支援するためのもので、稲作と気候および人口の関係をより良く理解するためのものです。

In particular, by taking advantage of some unusually rich statistical records from the 1920s and 1930s for rice production and human population across different countries and sub-regions of Asia, we hope to get a better sense of rice agriculture and its impact prior (for the most part) to the major changes inflicted by industrialisation. 特に、アジアの異なる国や地域における1920年代から1930年代にかけての米の収穫量と人口に関する豊富な統計資料を利用することによって、工業化の影響による大きな変化が起きる前の稲作の状況とその意義について、より深い理解を得たいと考えています。

This historical perspective then allows us to build more accurate mappings of the likely spread of rice agriculture in much earlier periods and, amongst other things, to estimate possible increased methane outputs (a greenhouse gas associated with global warming) from early rice production. この時系列なパースペクティブによって、より早い時期の稲作の広がりを可視化できるようになるとともに、工業化以前の稲作の状況からメタンガスの排出量の増加の可能性を予測できるようになると考えられます。

The current application focuses on transcription of rice production statistics from Japan, spanning the years 1883-1954, kindly supported by Nara University. The original source is published by Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, Japan ("Census of Agriculture and Forestry in Japan, Rice". 現在、この申請プロジェクトは、日本の奈良大学の支援を受けて進めており、主として1883年から1954年にかけての日本の稲作統計資料(農林水産省作成資料)に焦点を当てています。 原資料は農林水産省によるものです:農林水産省農作物累年統計表 稲、水陸稲収穫量累年統計表

The application loads a scanned image showing a table of statistical data and asks people to transcribe it into a spreadsheet. Contributors with knowledge of Japanese can add headings in both Japanese script and translated into English if they are able, but anyone can contribute to transcribing the statistics, as we provide a rough indication of the meaning of the repeated headings on these pages. この申請プロジェクトでは、皆さんに統計表のスキャン画像から電子化された統計データを作成するための転記作業にご協力頂きたいと考えています。日本語ができる方々には、可能であれば表中の日本語の転記と、その日本語を英語に翻訳した項目名を加えて頂ければ幸いです。もちろん、英訳が困難な方々は、そのまま日本語を記入するだけでも構いません。

This project is on behalf of:

UCL Institute of Archaeology logo Nara University logo

Find the code on GitHub